top_banner
costomer
営業時間以外のお問合せは メールでお願いいたします。



 

    4世紀頃百済の国家軸を完成して漢城(ハンソン)百済最高の全盛期を導いた征服君主近肖古王(クンチョゴワン)の話が踊りと歌、伝統武術、パレードが結びついた創作ミュージカルで誕生します!

漢城百済博物館は冬休み特別企画ミュージカル‘近肖古(근초고)’を16日から旧正月連休初日である2月18日まで一月間、漢城百済の歴史現場である漢城百済博物館ペクチェホールで無料でリリースすると明らかにしました。

公演は毎週金、土、日曜日午後2時(1日1回60分公演)で開かれて、毎回先着順300人の入場可能です。 2月14日の公演だけは18日に変更されて開かれる予定です。

ミュージカル‘近肖古(근초고)’は近肖古王と漢城百済の話を通じて2000年のソウルの歴史に光を当ててみようと企画された作品で、高句麗との‘ピョンヤン城戦闘’等の歴史的事実を素材にしました。

百済関連学者の考証を通じて再現した派手な服飾、テーマ曲である近肖古王のアリア‘漢城、この世の中心’、国民らの合唱‘百済の歌’等 韓国独特のリズムと大衆的なメロディが融合した音楽、大劇場水準の荘厳なスケールが引き立って見える公演で、学生たちはもちろん外国人観光客たちにも良いスポットになると期待されています。

イ・インスク漢城百済博物館長は「このミュージカル公演できらびやかな文化の花を咲かせた古代国家であり韓流の起源だった漢城百済の歴史と文化を広く知らしめる機会になることを願う」として「一月間 無料で公演するだけに冬休みの学生たちはもちろん、市民たちの大いなる関心を願う」と伝えました。

추천 0
Comment / 返信

    등록된 댓글이 없습니다.