top_banner
costomer
営業時間以外のお問合せは メールでお願いいたします。
今の流行って?

メイク | 2014秋冬の年代別ポイントリップメイク

페이지 정보

작성자 324 작성일14-10-07 17:03 조회895회 댓글0건

본문

2014秋冬メイクのポイントはずばり!リップです。
リップのポイントを置いてメイクを仕上げるトレンドはこの秋まで続きそう。そのせいか芸能人たちのリップポイントメイクもよく目につきます。
そんな芸能人の中でも女性から支持されるスターの年代別リップポイントメイクをご紹介します。





40代 キム・ソンリョンの「バーガンディ(ワインレッド)メイクアップ」

韓国を代表する童顔女優とも呼ばれるキム・ソンリョン。
ドラマ「夜王」「追跡者」「紳士の品格」や映画、最近は演劇でも活躍する演技派女優でもあります。作品中の演技はもちろんですが、そのリップメイクアップもまた話題になります。

40代の場合、肌が乾燥しやすいのでグロッシーな肌感の表現が大事です。適度な光沢は肌の水分を守るだけでなく、肌で光を反射して相対的にでこぼこが見えにくくなります。ファンデーションに少量のフェイスオイルを混ぜて塗ったり、ベースメイクの後に液体ハイライトをCゾーンの周りに塗ると良いでしょう。

魅惑的な印象を与えるためにファンデーションは肌トーンと似ているか少し暗めの色を選択。アイメイクは色々なシャドーよりも一色だけを使った後、色々なトーンで表現するほうがいいでしょう。パールは省略しても良いですが、アイラインは綺麗に描きましょう。目の形にあわせてジェルライナーや筆ペンライナーを使います。

キム・ソンリョンのバーガンディメイクは、リップで光を放ちます。バーガンディカラーをアイメイクで使わなかった代わりに、リップに強いポイントをおきます。メイクを始める前にコンシーラーで唇の色を消したあと、角がある製品を使ったり、リップライナーを使いリップラインを描きます。

リップラインの下にバーガンディカラーのリップスティックを使い全体に塗ります。一度塗った後、ティッシュで油分を取りもういちど塗ります。肌がグロッシーなぶんリップではマットな感じを出すことでメイクのポイントが決まります。





30代 コン・ヒョジンの「コンブリーメイクアップ」

彼女が着用した服はすべて品切れになり、持つバッグも常に話題に、使う化粧品はすべてヒットするという女優コン・ヒョジン。名前と「ラブリー」が合わさった「コンブリールック」「コンブリーメイクアップ」という造語ができるほど20,30代女性の共感を得ています。

最近終演したSBSドラマ「大丈夫、愛だ」でも、オレンジのリップを強調したメイクを見せていた彼女。セミ・マットの肌表現に力を抜いた
アイメイクがポイントで、そのぶんリップを強調します。強弱の調節が重要となるメイクアップ法です。

肌メイクは、ごく少量のファンデーションやBBクリームを使います。顔全体に塗るより、目・鼻・口周りに塗った後、隠したいしみに部分的にコンシーラーを使用。肌を完全にカバーするというより本来の肌のきめを活かすことに重点を置きます。

仕上げはコンパクト代わりにブラシにパウダーやパウダータイプのハイライトをつけて顔をはたくように塗ります。眉ははっきりと濃く塗るのではなく、ぼんやりと描くのが特徴で、この際に目頭からではなく、目じり側からラインを描くとより自然な表現が可能です。

まぶたから肌トーンに近いヌードカラーのアイシャドウをひき、油分をとります。その後アイラインは、まつげの間を埋める程度にし、マスカラを塗ります。この際にビューラーを使わなくてもカール効果が高いマスカラだけでも十分です。

リップは、全てのポイントがリップに集中するために発色がよく、みずみずしい製品を選ぶことが重要です。肌表現をグロッシーにしないため、リップまでマットにすると乾いた印象に与えることがあるのでご注意を。

適度な水分を含み、持続力がよいリップ製品を塗った後、綿棒で粗い部分を修整します。使ったリップ製品を頬に少量つけたあとクリームタイプのブラッシャーを使ってみましょう。より自然な愛らしいメイクアップが可能です。





20代 4Minute(フォーミニット)の「レッドメイクアップ」

アイドルならファッション・ビューティーに関心を持つのは当然ですが、いざ自分だけのスタイルを持っているアイドルとなるとなかなか少ないものです。ガールズグループ4Minuteの場合、4人全員がそれぞれ独自の若いファッション感覚を持っていて、10、20代女性の支持も多く集めています。

特にソロでも活躍するヒョナの場合、20代女性アイドルのなかでもトップクラスのセクシーさで有名で、ホ・ガユンはファッション番組のMCを勤めるなどファッションにこだわりがあることが知られています。

レッドリップメイクをよく見せてくれる彼女たち。普通リップにポイントを置くと、アイメイクは省略したり、簡素にすることが多いですが、リップとアイメイク両方を強く表現しています。

20代だけがこなせるこのメイク法のスタートはしみなどのない白く表現された肌から。もともとの自分の肌色より一段明るい色のファンデーションを使い、目鼻口周りを中心に塗ります。その後、暗い色のブラッシャーやファンデーションでシェーディングを行います。

アイメイクはアイライナーよりもアイシャドウとマスカラを使い、ポイントにします。まぶたにはヌードトーンのシャドウを塗った後、ブラウンかブラックのシャドウを使いラインをつくります。この際に、多少やりすぎかなというくらいに大きく描くことがポイント。ラインを描いた後、まぶた全体ではなく、ブレンディングをして自然に仕上げます。

このリップメイクはリップラインをはっきりと活かすのではなく、何気なく塗ったような印象を与えるのがポイント。リップライナーを使わずに若干弱いというくらいのリップ製品を使って、何度か塗ります。リップスティックが唇のそとに少しはみだしてもOK。若い魅力を活かすことがこの20代メイク法の特徴です。

댓글목록

등록된 댓글이 없습니다.