top_banner
costomer
営業時間以外のお問合せは メールでお願いいたします。

近代美術専門美術館

国立現代美術館は1969年開館以来韓国現代美術の歴史と足跡を共にして韓国を代表する文化空間に位置している。 ソウル市内中心部、市庁(シチョン)エリアに位置する古宮・徳寿宮(トクスグン)のなかにあって、ひときわ大きい西洋式の建物である石造殿(ソッチョジョン)と徳寿宮美術館は圧倒的な存在感を放っている。

 

国立現代美術館は1986年果川観、1998年トクスグングァン、2013年ソウル観に続き2015年予定の清州(チョンジュ)観開館で4館の有機的な活動体系を確立することによって美術文化発展に寄与して皆様に一層近く近付いている。

建築、デザイン、工芸など多様な視覚芸術ジャンルを合わせて自然の中で休息を提供する果川(クァチョン)観、歴史の息遣いの中で国内外の近代美術を眺望するトクスグングァン、同時代美術を紹介する都心の中ソウル観、そして首長機能が一層強化された清州(チョンジュ)観で収集、保存、研究、展示と教育と同じ本来の活動をより一層活発に広げて複合芸術、科学、人文学をはじめとする多様な学問が現代美術と疎通できる文化の産室である。 

 

추천 0
Comment / 返信

    등록된 댓글이 없습니다.