top_banner
costomer
営業時間以外のお問合せは メールでお願いいたします。

春がくると南側から暖かい気勢と共に春の花が咲き始まる。 一番最初に椿咲き始め韓半島に春がたどり着くのである。 この気力で北に上がり梅、サンシュユ、桜の花、チンダルレ、ツツジまで吸う。

冬に疲れた人々は春の花の美しさを楽しんで季節の新しい周期が始まったことを祝う春の花祭りが開かれる。 2014年にも3月末から4,5月まで全国で春の花祭りが開く予定だ。 その中で代表的な祭りを整理してみよう。


光陽(クァンヤン)国際梅文化祭り
http://www.gwangyang.go.kr/gymaehwa/


場所:全羅南道(チョルラナムド)光陽市(クァンヤンシ)多鴨面(タアムミョン)繊塵

期間3月22日~ 3月30日

梅の魅力はその美しい姿劣らず香りにある。 梅は羽毛が落ちる声を聞く程心を整えてこそはじめて香りの真髄を感じられるという。

光陽(クァンヤン)は我が国で名実共に梅の実の本場といえる。 そして蟾津江(ソンジンカン)は昔から梅いっぱいである風景で有名で繊塵の村は別名梅の村とも呼ばれる。


今年で十七回目をむかえる光陽(クァンヤン)国際梅文化祭りは“春梅、夏梅の実で私たちの一緒ヒルリンハプシだ”という主題で梅の実の本場光陽(クァンヤン)を国内外に知らせている。





利川白砂サンスユコッチュクチェ
http://www.2104sansooyou.com/


場所:京畿道(キョンギド)利川市(イチョンシ)栢沙面(ペクサミョン)

期間:4月4日~ 4月6日


サンスユコッは春を代表するレンギョウやチンダルレより先に咲いて‘春が伝令士’にも呼ばれる。 黄色いサンシュユが満開すれば黄金色で染まった風景を満喫することができる。


利川市(イチョンシ)、栢沙面(ペクサミョン)には幼い苗木から)500年に達する1万 7000本余りの算数柔懦巫歌群落を形成している。 特に倒立リは村全体がサンスユ木で覆いかぶさっていて初春には黄色い花と秋には真っ赤な実が全村をかばう全国一番のサンシュユ産地である。


 

泰安チューリップ祭り
http://www.ffestival.co.kr/web/


場所:忠清南道(チュンチョンナムド)泰安郡(テアングン)南面(ナムミョン)

期間:4月25日~ 5月25日


泰安(テアン)でユリ花祭りで始まって7回に至っているが、2012年からチューリップ、ユリ、ダリアなどの色々な花の饗宴を楽しむことができる春の花祭りとして位置を確立した。


花を利用した香草作り、石鹸作りなどの体験ができて、外国人観光客のための伝統民俗遊び体験プログラムも準備している。 その上万里浦(マンリポ)海水浴場やMongsanpo海水浴場が近く西海岸(ソヘアン)海の流麗な日没も鑑賞することができる。






霊鷲山チンダルレ祭り
http://www.ystour.kr/kr/festival/jindallae.jsp


場所:全羅南道(チョルラナムド)麗水市(ヨスシ)中興洞(チュンフンドン)霊鷲山(ヨンチサン)一代

記間:4月4日~ 4月6日


韓国3台チンダルレ密集地の中の一つである霊鷲山(ヨンチサン)はサッカー場140個の広さでチンダルレが満開し山がすべて赤く染まって壮観を作り出す。 今年のチンダルレの絶頂開化時期は3月24日から4月13日という。


麗水(ヨス)は本来麗水(ヨス)10景と呼ばれる程有名な観光名所であり全羅南道(チョルラナムド)の美味しい食べ物を味わうことができる。祭り時期でなくても観光客が好んで訪ねる所である。 その上去年国際博覧会が開催され距離がより一層増えている。



各地域の位置は次のとおりである。

추천 0
Comment / 返信

    등록된 댓글이 없습니다.