top_banner
costomer
営業時間以外のお問合せは メールでお願いいたします。

東京都庁関係者から説明を受ける朴市長(ソウル市提供)=2日、東京(聯合ニュース)


 ソウル市は1日、朴元淳(パク・ウォンスン)市長が同日から6日まで東京や北海道などを訪問すると発表しました。

 朴市長は東京都の舛添要一知事と会談し、安全、環境、観光など市民生活に関係する分野での交流協力強化を確認するとともに、都市の安全と関連した東京都の技術管理を学ぶということです。


 2日には、道路陥没の復旧工事現場を視察し、陥没発生への対応システムを確認する。東京ゲートブリッジでの橋梁管理システム視察もしました。

 


 3日は早稲田大で、学生や市民ら300人余りに対しソウル市が掲げる意思疎通中心の都市外交哲学を紹介。4日は埼玉県などを訪問する予定です。


 5日には、北海道に赴き、さっぽろ雪まつりを見学。北海道から雪まつり成功の秘訣を学ぶほか、ソウルキムジャン(キムチづくり)文化祭りとの協力について話し合う予定です。


 ソウル市は韓日国交正常化50年にあたる今年、両国の首都が大都市が抱える問題に共同対応することを目標にしています。
都市外交強化という点で朴市長の訪日は大きな意味があると説明しています。

추천 0
Comment / 返信

    등록된 댓글이 없습니다.