top_banner
costomer
営業時間以外のお問合せは メールでお願いいたします。
始興市
ケッコル生態系公園


始興ケッコル生態公園は京畿道で唯一の内湾干潟と昔の塩田の情緒を味わうことができる美しい公園です。ここは七面鳥、拿問嶺、トントンマディ(さそりの一種)などの塩生植物を観察することができます。




昔の塩田の一部を復元し、天日塩の生産過程を学習することができる公園として公園訪問客には無料で天日塩を提供しています。また、始興ケッコル生態公園内のケッムル海岸学習教室には団体で無料生態学習をすることができるようになっています。





ここ、ソレ塩田地域は1934年から1936年に造成され、干潟を中心として145万坪程度の広さを誇ります。当時ソレ塩田から生産される大部分の塩は水仁線と京釜線列車で釜山港に運んだあと、日本に運び出していたところとして韓国民族の痛みを残した場所でもあります。





歴史、背景、地域的な特性

ソレ塩田は近隣南東塩田と共に韓国の塩の総生産量の30%を占めており、天日塩の輸入自由化によって採算性の悪化により1996年7月31日に閉塩されました。閉塩田は60年の間、ポ洞とパンサン洞、ウェルゴッ洞などこの一帯の住民の生活の基盤であり、人生の支えとなっていた場所でありました。閉塩のあと、ここはごみの廃棄場所として放置されるようになり、10年後の今では多様な塩生植物および各種の魚類などが住めるようになり、これをえさにする多数の鳥類と哺乳類が増えてきました。このようにたような動植物がもう一度現れるようになったのは、自然生態のチェーンが温存され維持されているためでしょう。





INFOMATION

住所 京畿道始興市ジャンコク洞724-10
TEL 031-310-2985

アクセス

マイカー
始興市庁からウォオルゴッIC方向に行き、始興警察署にいく標識があります。そこからでて、次に警察署と反対方向に行くと現地に到着します。




Comment / 返信

    등록된 댓글이 없습니다.